口臭がもたらされる原因は5つのタイプがある

口臭

口臭がもたらされる原因とは次のような5つのタイプがあると考えられていてます。各々がお互いに関連し合ってくることもあります。

口の中の細菌が増殖するためににおいが生じているタイプ。疾病(口の中、のどや鼻、全身)によってにおいが発生しているタイプ。ニンニクやネギなどのお食事、タバコや酒類などの嗜好品からのにおいが生じているタイプ。朝早く起きたときや空腹のときなどに、カラダそれ自体においが出てくる、生理的なにおいが悪影響を及ぼすタイプ。メンタル的な影響によってにおいがないのに口臭を感じ取ってしまうタイプ。いずれのタイプでも共通して問題となるのは口の中の乾燥なのです。というのは、口の中が乾燥すると、口の中の流れが悪くなり、ばい菌が増加してやすくなりますし、ほかの問題についても口の中の乾燥は無関係なことではないからです。口の中の唾液が減少してばい菌が増えると、口臭につながります。 時と場合によっては、卵が腐敗したにおいと評されることもある「揮発性硫黄化合物」と呼称される化学物質を引き起こします。また、口で息するくせのある人は、口が渇きやすくて口臭が現れ易くなります。 口臭を抑えるには毎日のブラッシングでのケアが不可欠。特別な有効成分が配合されている歯磨き剤の使用が有効です。特にオーラパール 口コミの評判が高いです。