体臭を抑える食品はどんなものがあるか

体臭

体臭を阻止するお食事、抗酸化食品ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなどがたくさん含有される緑黄色野菜や緑茶などを意識的に摂りましょう。タンパク質や脂質の酸化を緩和し、酸化臭を予防します。

アルカリ食品、お酢や梅干し、海藻類などはカラダの中での乳酸などの生成を減退させて、ニオイを防ぎます。疲労回復効果も見られます。腸内環境条件を整える食品、食物繊維やオリゴ糖を体に取り入れることで、腸内の善玉菌を増大させ悪玉菌を低減します。腸内で臭気成分の生成を阻止し、ニオイ物質を便とともに体の外に排出します。タンパク質は、分離されるとアンモニアや硫化水素など、ニオイの強力な物質を生成します。口にするタンパク質の量が過多になると、ニオイ物質はたっぷりとつくられます。野菜が苦手または嫌いな方で、肉類や乳製品などタンパク質を主体として食べる傾向が高い方にもたらされ易い体臭です。主要なおかず(主菜)は 1食1皿までにし、野菜のおかず(副菜)を2皿以上採り入れるようにしましょう。食物繊維がたっぷりの野菜や海藻(もずく酢やめかぶ)がお勧めできます。食べ物だけで体臭対策をするには限界があり、効果が限定的です。そこで有効なのがデオドラント製品の活用です。なかでもデオシアの効果が高いと評判です。