歯のホワイトニングとはどんなもの?

口臭

歯は表層からエナメル層と象牙質と称される2つの層からできています。表面のエナメル質は透きとおるようなので、歯が黄色に近いように見えるのは主に象牙質の色が影響しているものです。

歯の色が濃くみえる時は、大まかに分けると2つの理由を挙げられます。 1つは、歯の表面のエナメル層の上に着色している場合。もう1つは、エナメル質の内側にある象牙質の色が濃い色になっている場合です。歯の表面の着色は、クリーニングをすることでクリーンになり、歯の表面を白くすることができます。ただ、その時に歯のオリジナルな色である象牙質の色は変容していません。一方で、歯科医院でのホワイトニングは、歯の表面から薬剤を浸透させ、象牙質の色そのものを白く変えることが可能になります。 歯が黄色くなったり、変色したりする要因は何でなのでしょうか。歯は、組織それ自体の老齢化で黄色くなります。他にも、歯ができる過程でお母さんの飲み薬などで変色が発生することがあります。また、歯の表面に色づけがついてしまっても、変色して映ってしまいます。
歯科医院でなくてもホワイトニングに効果のある磨き剤はいろいろあります。なかでもオーラパール 口コミは良いです。