足の裏はなぜ匂う?

デオドラント 体臭

足の裏は他の部位に比べ汗が出やすい部分です。それも当然、足の裏には汗腺が集まって存在しており、その量は背中の5~10倍ほどであると聞いています。その影響で、足は1日でコップ1杯分もの汗をかく部分なんだとか。

しかしながら、足の裏の汗腺である「エクリン腺」から出る汗は本来無臭なのです。上記のように、汗が皮膚常在菌の餌となり分離されて、臭うことになります。きれいにしても洗っても臭いという場合、疲労臭が原因かもしれないですね。疲労が体に蓄えられると、肝臓や腎臓の働きが弱るため、本来尿として排出されるはずのアンモニアが血液によって体全体を巡り、皮膚から出てくることになります。特に立ち仕事などで疲れが出た足は血行が悪くなって、腰から下に血と老廃物が蓄積されやすくなります。そのため、毒素のアンモニアが不要物質として放出され、疲労臭が生じます。爪の間には、汗や古い角質が垢として溜まりやすいです。これをそのままにしてしまうと、強烈な臭いを発しはじめます。足の裏のニオイには実はワキガ対策などのデオドラント製品の利用が有効です。特にデオエースはデオドラント大国であるポーランドでうまれた、高い効果を期待できるデオドラント製品です。デオエース 口コミはこちら